歯科での器具の使い方

歯科で使われるピンセット

歯科用器具の治療ピンセットとは

歯科用のピンセットは理科の実験などで使うまっすぐなものとは違い2か所が曲がっていることが特徴でコーク型と呼ばれています。コーク型のピンセットは奥歯など複雑な部位でも手前の歯をよけて使うことができるように設計されています。またつまむ部分と先端が同じ一直線上になるように設計されているのでつまむ感覚の違和感を減らすような作りになっていることも特徴です。また歯科用の器具としては根幹の治療ピンセットもあります。これは歯の神経治療後の管につめるポイントを掴みやすいように溝が付いていて繊細な神経治療のために設計されています。

歯科用器具の治療ピンセット

歯科医院の器具の中でも、治療ピンセットは誰もが見たことがあるもので、分かりやすいと言っていいでしょう。普通のピンセットは持つ部分からはさむ部分までが真っ直ぐになっていますが、治療ピンセットははさむ部分がひらがなの「く」の形に曲がっているのが特徴です。なぜ曲がっているのかというと、口の中という狭い空間を扱う歯科の治療で、奥歯までしっかりとはさめるようにするためです。持つ部分がすべらないように、溝があるものなど、いくつかの種類がありますが、基本的にはガーゼや薬とはさんで治療箇所に運ぶと言った役割で使用します。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科で使われるピンセット All rights reserved